後遺障害の種類

事故による症状が様々な症状があるとおりそれによって引き起こされる結果というのも様々でその一つが後遺障害と言えますが、その後遺障害も、いわゆる『等級』によって分けられます。

等級は、事故等によって被った被害において、その後『介護が必要な状態』と分類されるのが1級と、2級、そして、『それ以外』の状態として分類されるのが、1級から14級まで存在し、医師によってどの級に分類されるかが判断されることとなります。

事故によって手足の一部、または全てを失った状態において、その損失範囲が大きければ大きいほど、上の級として認定されます。ただし、それだけでは『介護が必要な状態』とはならず、主に、本人の意思によって、生活そのものが難しい状態、例えば事故によって神経系統に問題が発生して、動作をすることもままならない状態、また、精神状態において同様のもの…それらが、いわゆる『要介護』状態の、1級または2級として判断されます。

これらの等級を分類する意味の一つとして、それによって適用される、保険金が下りる額が異なります。要介護と認定される第1級では4000万円、2級では3000万円が保障されることになります。『その他』の第一級は3000万円となっています。