公平な社会の実現

現代社会において、公平な社会は実現されていると言えるでしょうか。誰もが公平、というのは、実際には難しいかもしれません。
しかし、もし万人が公平で無くても、誰もが住みやすい社会づくりは十分可能です。それは、もし障害を持っていたりしても、他の人と同じように生活をすることができる、という点も含まれています。

現代において、そういった社会づくりが切実に求められています。もちろん、社会の体制がそう変わっていくことも必要ですが、私達市民がそれらに対して理解を示すことも必要です。そしてそれは、誰かが見ているから評判のためにそうする、ということではなく、誰も診ていない状況であっても、公平な対応ができるようにする、ということも含まれています。
誰もがそういった意識を持って生活することで、障害を持った人でも住みやすい社会づくりが、一歩ずつ近づいて行く、と言えるでしょう。

それには、このように私達が少しでも交通事故等が招いた後遺症に関する理解を深めることも必要です。そして、それは自分たちにも降りかかり得る事態だということを認識しているなら、さらに理解を深められるでしょう。誰もが住みやすい社会の実現のために、できること、それから行っていきましょう。