等級の認定について

病気にも度合いというものがあるように、交通事故における後遺障害にも、度合いがあります。後遺障害は、症状の度合いによって要介護状態とそうでない状態に分類され、さらにそれが等級によって分けられることとなります。

被害を受けた側はその等級によって第三者から認定されないと、そもそも後遺障害を認めて貰えず、保証を受けることができません。ですから交通事故の後遺障害がある場合には障害を認めて貰うことが何よりも必須であると言えます。

事故後は何かと混乱するものです。自分は体に何も怪我を負っていない、と勘違いしたまま過ごしてしまうこともあります。
あとから、本来はただの『物損』として扱われていたものを、『人身』に変えるよりも、早い段階でそれを認定して貰う方が良いのは当然です。後遺障害は、その症状が固定した段階のものが適用されますので、そこも覚えておきましょう。状態が悪化しても適用されるということです。そのため、可能であれば交通事故による後遺症の症状固定は弁護士と一緒に行うのがいいでしょう。適切な後遺障害の等級認定のためにサポートをしてもらえます。

私達が後遺障害を交通事故によって被りたくないと考えることは当然のことながら、自分たちの危険な運転、そしてそれが招いた事故によって誰か他の人に後遺障害を負わせてしまうことは決してないようにしたいと思うのは当然ですから、その気持ちに見合った運転をするべきであると言えます。